生後5ヶ月の娘とママシネマに行った感想

先日娘と映画を見に行ってきました。

市が開催しているママシネマなのですが、支援センターでチラシをもらって知りました。

ママシネマとは子育てママのための映画上映で、照明や音響などに気を使った環境で、乳幼児連れのママ専用なので、気を使わずに映画を見ることが出来ます。

  • 上映作品はパディントン2でした。
  • 料金は2,000円(500円のサーティワンの商品券+500円の当日使える飲食券付きだったのでちょっとお得です。)

当日会場につくとチケット売り場では無く、特設の受付をして、お金を払います。

受付の方が「ミニョンの時は満員だったんですよ〜」とおっしゃってました。

今回は50組定員で、半分くらいでしょうか。リストが少し見えてしまった。パディントンだったからかな(←失礼)

自由席で、みんな通路のそばの席にしていました。

空いていて、1列1組くらいだったので快適でした。

会場のドアの側にはミルク用のポットの設置あり。オムツ替えはトイレで。

上映が開始されると、私の感覚ですが、ちょっと赤ちゃんには音量が大きいかなと思いましたが、娘が泣いたりなどは無かったです。

(抑えめにされているとは思います)

あとは途中暖房が効いすぎて暑かったので、娘がぐずらないかヒヤヒヤ。

係の方に言おうかと思ったけど見当たらず。

娘はまだ腰が座っていないのですが、初めは私の膝に座らせて、疲れて来たら私の隣の席に寝かせてみましたが、落ち着かないみたいで開始30分ほどでぐずり出しました。

すぐに席で授乳。

(パパは入れないルールでした)

ママシネマなのでもっと誰かしら泣いてる状態かと思いきや、意外とぐずってる子少なめでした。

授乳が終わっても、いつもと環境が違い眠れないのか、娘がさらにぐずりだしたので、立ち見席に行って抱っこしたらすぐに寝ました。

席に戻って膝に寝かせても起きなかったのでホッとひと息。でもその時既に残り30分くらい。

そこからは落ち着いて見ることが出来ました。

ポップコーンとジュースのセットを買ったけど、ポップコーンは食べてる暇が無く、残ったので持って帰りました。

注文して手渡された時にポップコーンは手提げの袋に入れてくれたのですが、それはママへの気遣いだったのかな?娘をあやしながらでも、こぼれることを気にせず食べやすかったです。

上映が終わったら、記入したアンケートを渡すとサーティワンの商品券をもらえます。

【感想】

娘は疲れたみたいで5ヶ月では少し早かったかな、と思いました。

小さい子はどういう体制で見ているのだろう?

私は、娘をあやしたり、映画みたり、ポップコーンで意外と慌しかったです。

でも映画を久しぶりに見れたので、良い気分転換になりました。

またあれば行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です